自慢話をしたがる人の心理

聞いてもいないのに、自慢話をしたがる人がいます。

 

そのような人は、「誰かに認めて欲しい。」、「誉めてもらいたい。」と、
いつも思っている人です。

 

そして、自分は価値のある人間だと感じていたいのです。

 

この感情を「自尊感情」と言います。

自尊感情とは

自尊感情とは、自分自身を基本的に価値あるものとする感覚です。

 

自分をかけがえのない存在、価値ある存在として肯定的に捉えます。

 

一般的に「自尊心」と言います。

ナルシスト

ナルシストとは、ギリシャ神話に出てくる美少年ナルイッソスのエピソード、
「水に映った自分の顔をみて惚れこみ、ほかのどんな人にも興味を引かれなくなった。」
というエピソードから命名された言葉です。

 

自慢話をするのは男性に多く、ナルシストである人が多いそうです。

 

子どもの頃に親から溺愛去れて育った人は、
自分が特別に優れていると思い込みやすく、
逆に愛情を得られずに育っても、
マイナス体験を埋め合わせるために、
自分は優れていると考える心理が働くのです。

 

いずれの場合も、人の気持ちを推し量ることが苦手です。

 

自慢話を聞かされるのはうんざりしてしまいますが、
「すごいね。」とか「へぇ〜」という感じで感心している対応をすると、
相手は満足し。平穏をたもつことができます。

 

聞く側が余裕を持って軽く交わすようにすれば、良いのかもしれません。

ナルシシズム(自己愛性人格障害)

ナルシシズム(自己愛性人格障害)とは、
自分だけを対称にする愛のことです。

 

ナルシシズムを呈する人を「ナルシスト」と言いますが、
ナルシシズムには、以下のような特徴があります。

 

(1) 自己の重要性の過大評価

 

  自分の業績や才能を誇張する。

 

(2) 成功・権力・美・理想的な愛の空想にふける

 

  自分の魅力による出世や財産などを空想する。

 

(3) 自分は特別だと信じる

 

  他の特別な人にしか理解されないと信じる。

 

(4) 過剰な賞賛を求める

 

  お世辞に世悪、賞賛されると無上に喜ぶ。

 

(5) 特権意識

 

  特別扱いを望む。自分の期待に従わせたがる。

 

(6) 対人関係で他者を不当に利用する

 

  自分の目的達成のために、他人を利用する。

 

(7) 共感不可

 

  他人の気持ちや欲求を理解しようとしない、共感しない。

 

(8) 嫉妬しやすい

 

  他人も自分に嫉妬していると思い込みやすい。

 

(9) 尊大で傲慢

 

  冷たく横柄な態度をとる。感謝の気持ちに欠ける。