「一応」、「とりあえず」を連発する人の心理

「一応」とか、「とりあえず」という言葉は、
相手を不愉快にさせる言葉であるといえるでしょう。

 

たとえば、「コレをやっておいてください。」と頼んだとき、
「一応やっておきます。」という返事が返ってきたら、
その「一応」という言葉にカチンときます。

 

また、「とりあえず」という言葉も同じです。

 

「とりあえずやっておきます。」という返事では、
ちゃんとやってくれるのか?心配になります。

 

このように、「一応」や「とりあえず」を会話の中で頻繁に使う人は、
自分が言っていることに対して自信が持てないという場合が多いようです。

 

聞いている側も、「この人は自信がないんだな。」とか、
「この人を信用することはできないな。」という印象を持ってしまいます。

 

ですが、敢えて「一応」という言葉を使って、
自分の意思を伝えるという方法もあります。

 

たとえば、やりたくない仕事を頼まれたときなど、
本当はやりたくないけれど、断ることができないので、
「一応やりますよ。」と答え、
自分がやりたくないと言う気持ちをさりげなく伝えようとするときなどです。

 

嫌な言い方ですが、相手に、
自分がその仕事はやりたくないと思っているということを
伝えることはできると思います。

 

このように、口癖ではなく、意思をもって「一応」とか「とりあえず」
という言葉を使う人は、ちょっと頑固だったりします。

 

人から指示されたり、物事を任されたりすることを嫌うのです。